人形劇カーニバル飯田20年のあゆみ

人形劇カーニバル飯田は、国際児童年(1979)に始まりました。全国のプロ・アマを問わない人形劇を愛する仲間が、伝統人形浄瑠璃や伝統芸能の宝庫と呼ばれる飯田市に集まってきました。
人形劇人の市内パレードやウィンドー人形展など、カーニバルならではの企画が次々生まれ、参加劇団も年々増えてきました。

そして、1986年にはアジアの人形劇人が集まって初めての本格的な国債人形劇フェスティバル、ウニマ・アジア会議を開催しました。

1988年に開催した世界人形劇フェスティバルは、カーニバルの10周年の年でもありました。人形劇場のオープンやウニマの本部が置かれているフランスのシャルルビルメジュール市との友好都市提携など、人形劇カーニバルによって飯田市は国際交流都市となりました。


1987年、民間ユネスコ40周年記念表彰をいただいたのをかわきりに、カーニバルは次々といろいろな賞をいただくようになりました。

1988年には、モービル児童文化賞とサントリー地域文化賞を相次いで受賞し、同じその 秋には全国自治体の中から優れたまちづくりを表彰する、国土庁長官賞にも輝きました。翌年には長野県知事表彰を、1992年には国際交流基金地域交流振興賞をいただくなど、人形劇人と市民とが一体となったこの祭典が高い評価を得るようになりました。

モニュメント 今日では飯田市は国際的にも「人形劇のまち、飯田」として、多くの人形劇の方々に愛されるようになりました。第15回のカーニバルでは、こうした人形劇団や人形劇人の方々への感謝と、いつまでも続く友情を表す記念モニュメントをつくりました。



昨年(1998年)は、20回を迎えるにあたり、飯田市単独による世界人形劇フェスティバルを開催しました。今回の祭典にご招待いたしました劇団は、人形劇人と飯田市民による選考の結果いずれも大変素晴らしい作品をもって参加して下さいました。人形劇カーニバルは全国の人形劇人が大集合する祭典から、優れた芸術としての人形劇が一堂に会する祭典へと発展したのです。

そして次の世紀に向け、飯田市は人形劇人の皆様にとって「夏はやっぱり飯田へ」と言ってもらえる、常に新たなエネルギーを発散する祭典を継続していきたいと願っています。

−人形劇カーニバル'98飯田公式ガイドブックより−


掲載写真
 @黒田人形保存会
 Aリガ人形劇場(88世界フェス招待劇団)
 B人形劇団プーク(特別観劇公演)
 Cアイパークモニュメント(飯田駅横)
 D庄内出羽人形芝居(98「受け継がれてゆく伝統人形芝居in飯田」招待)
 Eアモロス&オギュスタン「怪傑ゾロ」(フランス)(98世界フェス招待劇団)